返済期間が短くなれば毎月の負担額が膨らむ

住宅ローンには、ほとんどが年齢制限を設けてあります。

一般的な条件として、申し込みした時の年齢が
20歳以上70歳未満である、80歳までに完済することなどです。
ローン契約を結ぶ際に40歳を過ぎていても無理ではありません。

しかし、たいていの場合、融資期間は定年までに
完済するように設定されます。
毎月のローンを定年後のわずかな収入から支払するのは大変だからです。

60歳を定年とすると住宅ローンを40歳で申込みしたら、
20年の融資期間となります。
返済期間が短くなれば毎月の負担額が膨らんできます。

民間ローンは団信に加入できなければ不可

また、住宅ローンが借りれなくなる場合もあります。
それは、団体信用生命保険に加入を健康面の理由で拒否される場合です。

過去3年間の健康状態を団信加入をする際には告知しなければならないので、
もしも虚の告知をした場合には、債務者が死亡したり
高度障害状態になったとしても保険金の支払いはされません。

団信の加入はフラット35においては必須ではありませんが、
債権者に何かあった場合に、残された家族はローンを抱えて
生活していかなければなりません。

よって、健康な40歳以上ならば融資は受けられますが、
リスクを背負わなければいけないので
借入額をなるべく抑えたいところですね。