いざ、住宅ローンを組んでマンションを購入する気になると、まずは自分の年収でどのくらい
お金を借りることができるか調べたりすると思います。

そして、次に物件探しをします。
で、その時に初めて、自分の月々の返済金額を考えると思います。

ここで気をつけて気をつけたいことは、銀行で借りられる金額と返済する金額は同じではないことを理解してください。

借入れ可能額と返済可能額は別物

借入れ可能金額は、銀行などで、年収や勤続年収、他のローンの借入れなどを審査して、
はじき出す金額になります。

実はここの部分って銀行それぞれ審査基準が違うの銀行によって借入れの金額は変わってきます。
また、その銀行の審査に沿って行うため、実はそれぞれのライフスタイルにあった融資額というのは考えられていません。

例えば、私立の高校入試を控えている子供がいる家庭だと、まとまったお金が控えています。
高齢者の両親者がいて将来介護をしなければなりません。

といった具合に、家庭の内情まで把握できません。
もし、上記のように先立つ予定のお金があるなら、金融機関としては
融資を減らすアドバイスをすると思います。

しかし、ここで違和感が生じます。
それは、借りる側の心理です。

自分の年収や勤続年収で審査された金額が融資額のためその金額ギリギリまで使う人が結構いるんです。
それが、現在住んでいる賃貸より高くなってもどうせ、これだけ借りられるし、とか、折角分譲で購入するなら良いマンションのが良いよね?
的な考えが家族会議で行われます。

もちろん、この会議はみんな楽しくてしょうがありません。
自分のマイフォームが手に入るのですがからね。

多少、背伸びしたくなります。

でも、この考え方が危険なのです。

返済金額は絶対に無理をしない

今はそんなにこんな考え方をする人が少なくなっていますが、今後給料は上がっていくので
ちょっと無理しても大丈夫などの考えはNG

子供がいない家庭でも今後子供を作る予定はあるのか?
子供がいる場合は教育費に今後いくらかける予定なのか?
両親の老後はどんな感じになるのか?

上記の点をしっかり話しあってそこから将来、支出が増えるようであれば
それを加味した上で返済額を決めます。

返済額が決まれば、おのずとマンションの価格も決まってきます。
それが例え、

 

160-161