住宅ローンの仕組みについて

売買契約を結んでから申し込み手続きをする

まず、住宅ローンをどのように手続きするのかを説明しましょう。

不動産業者の仲介のもと、物件の売買契約を結んでから
住宅ローンを正式に申し込みます。

申し込みを受けた金融機関は申込者の審査をし、
融資ができるかどうか、融資金額を決めるため、
融資許可が下りずに購入を断念しなければならないこともあるのです。

売買申し込みから契約締結までの間に予備審査があるため、
このような事態を防ぐこともできます。

予備審査では、融資許可が下りていたのに本審査で減額されたり
融資が下りなかったりということもありますが、
こういった場合には売買契約を違約金なしで破棄することができます。

金融機関で直接審査を受けることもできる

多くの種類がある住宅ローン商品は利率も様々なため、
借入先をどうやって決めていくのでしょうか。

仲介会社から金融機関に予備審査の書類を出してもらうのが一般的ですが、
借入先の金融機関にご自身の希望があるならば、
仲介会社と相談して予備審査に加えてもらう方法もあります。

または必要な情報をもらって直接審査を受けることも可能なのです。

ローン商品は中古と新築でほぼ同じ

さて、新築と中古で住宅ローンの商品には違いがなく、
中古マンションでも新築とほぼ同じようなローンが利用できます。

「最長35年」の「全期間固定金利」が大きな魅力の「フラット35」は
住宅金融支援機構と民間金融機関との提携商品なのですが、
一定の基準を満たせば中古マンションでも利用でき、
一番低金利なローンの1つのため利用価値があるでしょう。