「フラット35」の特徴
その① ローンを組む際には少ない頭金でも大丈夫

一番利点が多い

「物件価格の最高90~100%の融資額」が魅力のフラット35ですが、
家を購入する際に自己資金が少なくても良いという点は非常にうれしいですね。
さらに大きな利点として「最長35年」「全期間固定金利」があげられます。

総返済額が借入時に確定し、返済途中でも金利は変動しません。
金融機関によって金利に違いがあるので比較検討しなければなりません。

さらに、ローン契約の締結の際に保証会社に連帯保証人になってもらうための
「保証料」が無料です。
数十万~100万円ほどかかるところ、無料で済みます。
「繰り上げ返済手数料」も同じく数千~数万円かかるところが
無料で済むのです。

買取型は利用しやすく、保証型は多くの魅力がある

「買取型」と「保証型」の2つに分類されるフラット35ですが、
それぞれのポイントは下記のようになりますので選ぶときに
ぜひ参考にしてみてください。

「買取型」と「保証型」の比較

仕組みと特徴
買取型:
住宅ローン債権を民間金融機関が住宅金融支援機構に譲渡し、
機構が証券化して資金調達を行う。

民間が長期固定金利を扱えばリスクを追うが、
そのリスクを逃れられる。
従来の公庫融資の引き継ぎの形

保証型:
07年に誕生した新しいタイプで民間金融機関が証券化を行い、
証券化ローンの元利金の支払いを機構が保証。

保証を行うだけの機構のため、各金融機関の特色が出やすく
民間ローンよりの商品

申込先(ローンの貸し手)
両方とも民間金融機関。
最寄りの金融機関や金利検索が
フラット35のホームページ(http://www.flat35.com)で可能。

取扱い金融機関
買取型は2015年現在324機関。
保証型は5機関。

融資額
最大8000万円。
(購入価格の10割まで。金融機関によっては9割の場合もあり。)

収入基準
・年収400万円未満=年間合計返済額が年収の30%以下。
・年収400万円以上=年間合計返済額が年収の35%以下。

融資対象物件
・30㎡の専有面積及び一定の技術基準に適合している
・1億円以下の購入価格

融資期間
15~35年(80歳完済)
※金融機関によって保証型は異なる場合もあり。

金利
各金融機関によって異なるが、20年以下の返済期間の場合は安くなる。

その他、バリアフリーなど一定の優良住宅を購入する場合には
当初5年もしくは10年間の借入金利が優遇される
「フラット35S」というタイプもあります。

——————————————————————

買取型の融資限度額は100万円以上8000万円以下で
購入価格の100%以内となっていて、
保証型においては8000万円が最大とされています。

金融機関独自の特色として、繰り上げ返済が1円から可能であるという
保証型に関しては2015年現在では取り扱っている金融機関は5機関で
新規受付は行っていません。

買取型は全国300以上の金融機関で利用可能なため、
利用しやすい面で魅力的と言えます。

「フラット35」の特徴
その② 中古マンションの質に安心を得られる

対象住宅を支援機構独自の技術基準により検査する

フラット35の利用には「適合証明書」が必要になります。
これは、住宅金融支援機構が設定した独自の技術基準に
適合しているかを証明するものなのです。

中古マンションの場合には、まず物件検査の申請を
検査機関もしくは適合証明技術者に行ない、合格したら
適合証明書の交付という流れになります。

申込者が3~10万円ほどを負担して検査費用を支払います。
適合証明機関(http://www.flat35.com/)に自ら検査依頼を
することも可能ですが金融機関側でも斡旋可能です。

具体的な物件調査の基準項目は以下のようになっています。

—-フラット35の地上3階以上中古マンションの基準項目と概要—-

●接道は一般の道の2m以上が原則

●住宅の規模は30㎡

●住宅の規格は2つ以上の居住室と炊事室、便所、浴室の設置が原則

●併用住宅の場合には全体の2分の1以上の住居部分の床面積が必要

●住宅構造は耐火構造、準耐火構造もしくは耐久性基準に適合していること

●住宅の耐震性については昭和56年5月31日以前が
建築確認日となっている場合には耐震評価基準などに適合していること

●劣化状況については、外壁、柱などに
鉄筋の露出がないかどうかなど

●維持管理基準における管理規約については
所定の事項が管理規約に定められていること

●維持管理基準における長期修繕計画については
計画期間が20年以上
(平成6年度以前に作成された場合には15年以上)

長期間居住するための安心を取得できる

以上のように、フラット35を利用できることは
購入する中古マンションの質も確認できて、
同時に安心感を得られるのです。

さらにフラット35のホームページ(中古マンションらくらくフラット35)で
中古マンション物件において適合証明書の手続きを省略できるものがあるかを
検索することが可能になったのです。

中古マンションでも質の高いマンションを探すことができます。

リフォームパックが「フラット35」に登場

条件は「リフォーム瑕疵保険」へ加入すること

2012年7月から中古購入&リフォーム一本化ローンが
「フラット35リフォームパック」という名称に変わりました。

中古住宅の購入資金に対するフラット35の融資限度額を
中古住宅の購入価額とリフォーム工事費を合わせた額の
9割まで引き上げ可能です。

融資を受けるには条件としてリフォーム工事に対する
「リフォーム瑕疵保険」へ加入することとなっています。

この保険はリフォームが完了した後の瑕疵を未然に防ぐための
検査と保証がセットになっていて、金融機関に対する工事内容を保証し、
さらにリフォームを加入者自身が安心して進めることができます。

現状として、民間金融機関の一本化ローンの融資の可否、
借入可能金額の決定には、借り手の信用度のほかに
仲介不動産会社の実績に影響されるのです。

しかし、物件やリフォーム内容が一定基準を超えれば、
誰でも「フラット35リフォームパック」の利用が可能です。

利点として月々の返済負担が少なくて済むこと

魅力の一つに民間金融機関のリフォームローンに比べて金利が低く、
最長35年まで返済期間を設定できる点があります。

ただ、2015年現在において「SBIモーゲージ」「イオン住宅ローンサービス」
「日本住宅ローン」「ジェイ・モーゲージバンク」「クレディセゾン」の
5社のみが同商品を取り扱いしているので、
各社HPや問い合わせ窓口に詳細をお尋ねください。