不動産の売却は絶対に一括査定サイトを使うこと!

不動産を売却する際には、売り出し価格をまず決めないといけません。
そのために、いずれかの段階で査定を受ける必要があります。

あなたは1つの不動産会社で査定を受けて
物件の売却を決めてしまっていませんか?

査定を受ける際には数件の不動産会社に話を聞いて
話を進めていくことをお勧めします。
というのも、不動産会社によって査定額も内容も異なっているのです。

そして、事前に相場を知っておくことが
不動産を売却するときのポイントになります。
といっても、不動産業者はとても多いので
どこに依頼したらいいのか迷ってしまいますよね。

そこで、物件に応じた相場を確認できるとても便利なサービスがあります。
それが、不動産一括査定サイトです。

不動産一括査定サイトの利用は年々増加していく傾向にあります。

住み替えのため、資産を整理するため、
価格によって売却を検討したいという理由などで
不動産一括査定サイトを利用する人が多いようです。

では、これから不動産一括査定サイトについて紹介していきましょう。

不動産一括査定サイトとは何?

いくつかの不動産会社に自分から1社ずつ個々に連絡して
査定を依頼すると手間も時間もかかりますよね。

しかし、不動産一括査定サイトはその手間を省いてくれるのです。

まず、不動産一括査定サイトに自分の売りたいと思っている
不動産情報と個人情報を入力します。
すると、自動的に不動産会社を照合し、
自分の気になる不動産会社に申込依頼が一度に行えるのです。

そして無料でサイトを利用することができます。
その理由としては、提携している不動産会社が
不動産一括査定の会社に提携料を払っているため、
利用者から手数料をもらわなくていいのです。
そのため、利用者からは一切のお金が生じないということになります。

また、不動産一括査定サイトの運営会社は
メイン事業で不動産会社を扱っていると思われがちですが、
多くの運営会社は Webマーケティングを取り扱っているベンチャー企業や、
大手の別事業部が運営しているのです。
そのため、ネットでの一括査定については
ほとんど、慣れている会社ばかりなので安心です。

不動産一括査定サイトを利用する際の注意点

不動産一括査定サイトには色々あるので、どこのサイトを利用したらいいか
迷ってしまうかもしれません。

不動産売却一括サイトにもそれぞれ特徴があります。

・1戸建てに強い
・都心に強い
・マンションに強い

など。

ただ、物件を高く売りたいならば、提携している不動産会社の数が多いサイトを
選んだほうがいいでしょう。

不動産一括査定サイトにもメリット、デメリットがあるので
次に詳しく説明していこうと思います。

不動産一括査定サイトのメリット

まずメリットについてですが、大きく3つあります。

・1つ目は、上記にも述べましたが、申込の手間を省けることです。
・2つ目は複数の不動産会社を比較できることです。
・3つ目は無料で利用できるということです。

メリット①申込の手間を省ける

不動産一括査定サイトを利用せずに査定依頼をする場合には
自分で不動産会社を探し、各不動産会社に不動産情報と個人情報を伝え、
申込をしないといけません。
これが数件の不動産会社だと同じことを繰り返さないといけません。

しかし、不動産一括査定サイトを利用すると、
サイト上で不動産情報と個人情報を入力して
自分の希望する不動産会社に申込をすればいいので
とてもシンプルですよね。

メリット②複数の不動産会社を比較

不動産会社によって査定額も異なるので、査定額の比較ができます。
そして、査定額を比較すると自分の売りたい物件の適正価格が自然と
把握できるようになります。

また、不動産会社によって非常に丁寧だったり、新人であいまいな対応だったり
強引に話を進めようとしたりと様々なタイプの営業マンがいるでしょう。

自分に合う営業マンを見つけるためにも複数の不動産会社を比較したほうが
良いでしょう。

メリット③無料で利用できる

これは前に述べた通りですが、売り出し価格の決定には
査定をする必要が絶対あるので、不動産会社にお金を払うことはありません。

不動産一括査定サイトのデメリット

次にデメリットについてですが、これも大きく2つあります。

1つ目は申込すると営業的な部分があること。
2つ目は不動産一括査定に加入していない会社には
申し込めないということです。

デメリット①営業的な部分がある

査定依頼をしているので営業マンから査定の結果を報告するために
電話などがかかってくることは仕方ないでしょう。
(ただ、申込みの段階で回答はメールだけにしてくださいと選択も可能なので
電話に関しては心配しなくて大丈夫です。)

さらに、査定を依頼したからと言ってすぐに売らないといけないというルールはないので
すぐに売る決心はついていないとしっかりと伝えておけばいいのです。

売る側の仲介を行うためには、物件の所有者と媒介契約を結ばないといけないため、
この契約に結び付けるための査定ということで営業的な部分があるのです。
中にはしつこく営業をしてくる会社もあるかもしれません。
ただ、ちゃんと意志表示を伝えれば
そこまで強引に来る営業マンはいません。
あまりにしつこいと一括査定の会社に連絡すれば
対応はしてくれます。

デメリット②不動産一括査定に加入していない会社には申し込めない

もしも、初めから自分が申込したいと思っている
地域密着型の不動産会社があるならば、
一括査定を利用せずに直接申込したほうがいいでしょう。

地域に密着した不動産会社の中には、
不動産一括査定サイトに加入していないことが多いですし、
自分の希望する会社が加入されているとは限らないのです。

不動産一括査定サイトを利用する上での注意点

不動産一括査定サイトを利用する際に
気を付けなければならない点がいくつかあります。

不動産一括査定サイトでの不動産会社数は3~4社に絞る

不動産一括査定サイトで入力終了後、
自分の情報にマッチングした不動産会社が最大6社表示されます。
6社を選んでしまうと、対応にとても苦労します。

3~4社ならば、申込後に電話が来ても何とか対応できます。
もし、商談するとしても1日で全ての不動産会社と
商談することも可能でしょう。

これが6社になると時間もかかりますし、大変になります。
よって、3~4社に絞ったほうが良いでしょう。

目的によって簡易査定と訪問査定を選定する

一括査定サイトの大半は、簡易査定と訪問査定を選択できます。

簡易査定とは、オンライン上で完結させる方法です。
一方、訪問査定とは、担当者が実際に物件の場所まで出向いて、
査定を行う方法です。

査定額を知りたい、または査定額を知ってから
検討したいのであれば簡易査定で十分でしょう。

実際に契約を結ぶ不動産会社を選ぶため、
そして物件の相場を知るためならば、複数社に訪問査定を依頼しましょう。
しかし、多少の手間がかかることは覚悟しておきましょう。

査定額は参考程度に考える

多くの不動産は仲介で取引されるので、
査定額=売却価格ではないということを頭に入れておき、
会社の良し悪しを査定額だけで決めてしまわないように注意しましょう。

高い査定額だからと言って売る力が高いわけではないのです。

サイト毎に登録会社が異なる

サイトに登録している不動産会社の件数が多い方が、
候補が多くなる傾向にあります。

しかし、同じくらいの登録数でも、地域と物件によって
良し悪しが異なるためどのサイトが良いとは言えないのです。

慎重に媒介契約を進める

不動産仲介の契約には全ての販売活動を特定の不動産会社に
依頼する専属専任媒介契約、
販売活動を特定の不動産会社に依頼して
自分でも販売可能な専任媒介契約、
複数の不動産会社に販売活動を依頼して
自分でも販売可能な一般媒介契約があります。

一般的には専属専任媒介契約か専任媒介契約を結びます。

専任媒介契約の場合、売れる価格や速さが
契約した不動産会社の力量によって影響されるため、
会社選びは非常に重要です。

訪問査定の段階では、ある程度数を絞り込んで
慎重に検討したほうが良いでしょう。

不動産一括査定サイト利用者の感想

次に、実際に不動産一括査定サイトを利用した人が
どんな感想を持っているかを紹介しましょう。

複数の会社と相談することでなかなか売れずにいた物件が
すぐに売れて良かった。

また、複数の会社に査定依頼をし、査定の値段を比較して
選択肢が広がったという良い感想があります。

一方で、申込したが、結果として不動産会社が1つも見つからなかった。
営業がしつこかったという悪い感想があります。

不動産会社が1つも見つからなかったというのは、
地方だと発生しやすい問題になっています。

よって、地方に住んでいる人は一括査定サービスに参加している会社が
多いサイトを利用したほうが良いでしょう。

不動産一括査定サイトの比較

最後になりますが、不動産一括査定サイトの中でも
代表的な7つの不動産一括査定サイトについて詳しく紹介しましょう。

イエウール

%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%82%a6%e3%83%bc%e3%83%ab

https://ieul.jp/
2014年から株式会社Speeeが運営しているサイトです。

公表社数は、全国1400社で不動産一括査定サイトの中で
一番多くなっているため、地方に住んでいる人は、
こちらのサイトを利用するのがいいでしょう。

利用者も累計利用者数450万人以上で、
信頼性がとても高いのが特徴です。
また、サイトのデザインも使い勝手が良いでしょう。

入力画面もとても簡単に記入できるようになっています。
不動産一括サイトの中でも一番人気となっています。

登録はこちらから

 

 

オウチーノ

%e3%82%aa%e3%82%a6%e3%83%81%e3%83%bc%e3%83%8e

http://www.o-uccino.jp/
2008年から運営されているサイトです。
公表社数は約500社。
テレビCMでも有名ですよね。

不動産売却の査定の他にも中古マンションの購入や
マンション賃貸、注文住宅など 住宅に関して
様々なサービスを扱っているのが最大の特徴と言えるでしょう。

特に中古マンションを探すなら、
オウチーノは日本で一番古いサイトなので
是非活用しましょう。

また、上場している会社がいい人は
こちらのサイトを利用するのがいいでしょう。

登録はこちらから

 

 

HOME4U

http://www.home4u.jp/
2001年11月から株式会社エヌ・ティ・ティ・データが
運営しているサイトです。
公表社数は約500社。

運営歴としては一番長く、都市部を中心に提携しています。
また、プライバシーマークの取得していること、
東証一部上場企業が運営しているので信頼できるサイトでしょう。

 

 

イエイ

%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%82%a4

http://sell.yeay.jp/
2008年から株式会社Qが運営しているサイトです。
業界最大手とされています。
公表社数は、全国約1000社以上。

不動産一括査定サービスの中では一番の老舗会社です。
よって、一番古くから運営しているサイトがいい人は
こちらのサイトを利用するのがいいでしょう。

また、イエイは日本全国各地の不動産会社と提携しているので、
地方の不動産を査定したいならば、こちらのサイトがお勧めです。

登録はこちらから

 

不動産査定エージェント

http://www.fudosansell-agent.com/
ディーエムソリュションズが運営しているサイトです。
2014年12月には利用者数が30万人を超えています。

登録不動産会社数336社。
入力時間はわずか1分で簡単です。

 

RE-Guide 不動産一括査定(旧SBIライフリビング)

http://www.re-guide.jp/assess/
2007年1月から株式会社ウェイブダッシュが
運営しているサイトです。
提携社数は約450社。

SBIグループの旧SBIライフリビング株式会社から分社化し、
WEBサービスをいくつか展開しています。
参加会社の審査を行ない、独自審査を通過した会社だけが
参加しているのが特徴です。

 

 

以上、主な不動産一括査定サイトを紹介しましたが、
いずれのサイトも必要事項を5~10分以内で入力できます。

特にこだわりがない人は、イエウールへの申込をお勧めします。

また、1~3月は年間を通して不動産の売買が増加する傾向があります。
売却しようとしたら、半年前くらいから相場を調べておくのが
良いでしょう。

不動産会社との何度もやりとりをしていくうちに、
不動産会社のほうも判断しやすくなるため、本格的に売る意思が出たら
積極的にやり取りを重ねていくようにしましょう。

以上、不動産一括査定サイトについて述べてきましたが、
あなたが売りたい不動産を納得できる値段で少しでも高く売れるように
うまくサイトを活用していきましょう。