売り出しの物件でライフスタイルの変化理由であればOK

中古マンションが売り出される理由の多くは
「子供が成長したから」とか、「転勤をすることになった」
「介護のために帰郷するので売ることにした」
「相続のため財産整理」といいったライフスタイルの変化に関するものです。

こういった理由で販売されているマンションは概ね問題ないマンションになります。
多少傷んでいても、そこまで深刻な問題にはならない結果になると思います。

裏事情がある物件には要注意

中古マンションで1番気をつけないといけないので上記の理由以外の理由です。
「同じマンションの住人とトラブルにあった」
「騒音がヒドい」
「ローンが払いきれなくなった」(この場合修繕積立費と管理費を滞納している可能性あり)
「隣の土地にマンション建設予定があって日当たりがなくなる」
「欠陥住宅だった」

こういった理由でマンションを手放す場合もあります。
実はここの部分って売り主、仲介業者は自分からいいません。

なぜか?
告知義務もなく、言うことで相手はデメリットしかないので。
本当に、こういった事例は多く、購入後に気づいて大変な状況になってしまうことはあるのです。

重要な問題点(自殺があったなど)
は仲介業者が「重要事項説明書」で説明しなければなりませんが
すべて把握することはできず、なおかつ、上記のような事例は
知らなかったと言ってしまえばそれまでなので中々分かりません。

なので、内見した時は必ず、売り主さんが今回売り出している理由を聞きましょう。
そこで濁されたら、そもそもその物件は縁がなかったということで購入は控えましょう。

同時にその仲介業者は変えた方がいいです。

問題点を見抜くチェックポイント

物件の権利関係や金銭面でのトラブルは?

・売り主の言葉をうのみせずに、登記簿などは自分自身の目で確認
・修繕積立費の未払いがないか、仲介業者、または管理会社に確認
・大規模修繕の計画、進捗状況、追加費用の有無などの確認

マンション内にトラブルは?

・両隣はもちろん、上下にどんな人が住んでいるか売り主や住人にリサーチ
・近隣住民や管理人に騒音、その他のトラブルがないかのリサーチ
・共用部分の管理状況(清掃状況、住民のマナー)を目で確認

マンション周囲の環境は?

・マンション前に大きな空き地があれば、利用計画などを確認
・将来の道路計画、ハザードマップ(緊急避難地図)などを役所でチェック
・周囲の騒音や交通、治安などの状況を、時間や日を変えて確認

欠陥マンションの可能性は?

・設計会社、施工業者の名前の確認
・ひび割れ、設備の状況など時間を惜しまずにチェック
・できればプロの建築士に同行してもらい、物件の施工状況や図面を確認してもらう。

購入の窓口の仲介業者という人間の特徴をつかもう

新築マンションの場合はこの仲介業者という人間はいません。
中古マンション特有の事例です。

いまの時代、個人対個人てマンションの売買は行いません。
田舎の方にいくとまだ残っていると聞いたことはありますが。

この仲介業者は物件の売買が成立しないと1円にも利益になりません。
内見にいったり説明するのには1円も利益が発生していません。

残念ながら彼ら彼女らもボランティアではないのであの手この手で
成約をするよう努力してきます。

その中で「仲介手数料無料」という業者も現れています。
「仲介手数料無料」=「お買い得」ではないので気をつけてください。

もちろん、事例としては少ないのですが、残り物物件、売れない物件、何か問題がある物件
その物件を紹介すると売り主からかなりの手数料がもらえる

などの事もあります。
もちろん、本気で買い主から手数料をもらわずに売り主だけからもらう(業界用語で片手と言う)
のだけでビジネスをしている仲介業者さんもいます。

極端に周りの相場とかけ離れて安い場合は
何か理由があります。

加えてそこで仲介手数料無料ときたらさらに疑った方が良いです。
なぜ?そんなに安くしているのか?

この理由を明確しないとリスクになります。
購入後、絶望感にならないためにこの辺はしっかりと見極めましょう。

以上、…..中古マンションが売りだされるまでを把握することで賢く安く買うことができるでした。