繰り上げ返済の仕組みについて

2種類の繰り上げ返済

繰り上げ返済とは、返済期間中にまとまったお金を前払いすることにより
利息負担を軽くして総返済額を減らすことです。

できるだけ長い期間でローンを組むと
総融資額を大きくすることが可能ですが、
35年ローンを組んでもほとんどの人が35年以内にローンを完済しています。

その理由として、多くの人は繰り上げ返済をするからです。

繰り上げ返済をするときには、時期が早いほど利点が多くなります。
というのも繰り上げ返済したぶんの金額は、元金の返済に補てんされるので
その部分の利息が軽くなるからです。

繰り上げ返済をする際には、一般的には「返済期間短縮型」と
「返済額軽減型」の2種類から選択できます。

返済期間短縮型は返済した分返済期間を短縮できます。
また、返済期間軽減型は毎月の返済額を減らすことができます。

返済期間短縮型がおすすめ

返済期間短縮型は繰り上げ返済の効果が高いとされています。
なぜなら、返済期間が短くなればその分支払いするべき利息が減るため
結果として、総返済額が少なくなるのです。

基本的に再度返済期間を延長することはできないので注意しましょう。

返済額軽減型の繰り上げ返済をすると、総返済額は期間短縮型と比べたら
多くなってしまうのでどうしても家計が苦しいときに返済額軽減型の
繰り上げ返済を検討しましょう。

子供の教育費や予想外の出費のために残してあるお金を使ってまで
利息を減らすことを考えるのはやめましょう。

手数料がお得なネットバンキング

繰り上げ返済をするには金利によって手数料がかかり、
金融機関によっても違いがあります。
手数料が割引になったり無料の金融機関でのインターネットバンキングを利用して
繰り上げ返済手続きをするとかなりお得でしょう。

最近のインターネットバンキングでは手数料がかからず、
一定額の預金になると繰り上げ返済を自動的におこなってくれるローンや
預金残高ぶんの金利がかからない預金連動型ローンもあるので
利用する価値はあるでしょう。

フラット35では、申し込みは「繰り上げ返済日の1か月以上前」と決まっていて
100万円以上が繰り上げ返済可能金額となっています。
手数料は無料です。