中古マンションの魅力は立地、価格だけではない

中古マンションを購入する際に、価格が安いとか立地が良いところがメリットとしてあげらるが
実は、購入前にしっかりと内見できるというメリットもあることを再度認識して欲しい。

もちろん、そんなことは知っていると思うが、みなさんこれをあまり重視しない人が多いので。
ここの内見の部分のメリットをしっかし生かさないと逆に、デメリットが生じて最悪、購入に失敗したという結果になってしまう可能性もあります。

内見する際に見るべきポイントは?

中古マンションの内見を見るべきポイントは複数あります。
・マンションの外装
・共用部
・室内
・キッチンと水回り
・バルコニー
・天井の中の配線板の中

などになります。

外装、内装なんか言わなくてもみんな厳しい目でみますよね?
なので、あえて、ポイントとあげるほどではないのですが
外装では表面にヒビが入ってにないかどうか?
内装に関しては壊れている部分はないか?
・電気関係のON、OFFのチェック
・換気扇のON、OFFのチェッキ
・エアコンのON、OFFのチェック&臭いチェック
・お風呂の給油機のチェック
・インターホーンのチェック
・浴室乾燥機のチェック
など、細かいですがしっかりチェックしましょう。
(これによって売り主に負担してもらうなどの交渉の材料になります)

共用部のチェックは非常に大事

共用部は実は非常に大事なのです。
ここのチェックをしっかりすることでマンションの価値が分かります。

簡単に言えば、共用部分がしっかり管理されていないマンションは購入を控えたほうがいいです。
住民の意識も低いし、マンションのメンテンスがしっかりされていない可能性があります。

大抵、共用部分がヒドいと修繕管理費が極端に低かったり、管理費が安かったりします。
修繕積立費と管理費が安いとなると毎月の支払いが助かると思いがちですが、長い目で見たら
マンションの寿命が短くなります。

築40年、50年など行く前に維持ができなくなる可能性があります。
その後に行き着く先はどうなるかわかりませんが….

建て直し?でも住民の中でも支払いができない人が反対する人もいるとなると…
考えるだけでも恐ろしいです。

なので、共用部分はそういった未来が予測できる場所なのでしっかり確認しましょう。

ポイントとしては
・ゴミ収集所のチェック(ちゃんとキレイに管理されているか?)

・廊下、エントランスがきちんと掃除されているか?キレイかどうか?
中古マンションなのでピカピカとかではなくて清潔感があるかどうかの判断をしてください。

・大規模工事などのメンテナンスをしている履歴があるかどうか?
これは見た目ではなくて不動産屋営業マンに資料を取り寄せをしましょう。
スムーズに見せてくれない場合は怪しいので警戒しましょう。

・廊下の共用部に自転車などがあるかどうか?
これは、マンションの構造的に駐輪所がない場合は仕方ないですが、規約で禁止されているのに
暗黙の了解で止めてある場合は注意が必要です。
ルールを守らなくて大丈夫という風潮がマンション全体にあるということです。
未来的に何かを決めて守られない、非常識な人間がいるという事が分かります。

中古マンションはこういった入る前に色々と予想することができる情報がたくさんあります。
そこを見逃さずにしっかりと見極めることが失敗しないための秘訣になります!

以上、中古マンションのメリットは購入前に内見がしっかりできること…..でした。