お金の教養の1つ目です。

お金を稼ぐ能力よりもお金を持ち続ける能力を身につけよう

私たちはずっと親から、勉強しなさい、稼ぐ力をつけなさいと言われて育ってきたと思います。
私もずっと、勉強しなさいよ、じゃないといい会社に入れないからね、公務員になりなさい、
なんてことを言われて育ってきました。

でもお金は、稼ぐ能力よりも実は持ち続ける能力のほうが大切です。
なぜかというとお金はあればあるだけなくなっていってしまうという性質を持っているからなんです。

例えば今、
年収が200万でした。
そういったかたがあと月5万円あれば生活が楽になるとか、
年収が400万円になったところで楽な生活ができるかっていうと、

そうではないと思います。

年収が400万に上がれば、倍に上がったとしても年収400万に見合う生活をしてしまうんです。
そうすると年収200万から倍に増えて400万になったのに、200万円残せるかというと残せないと思うんです。

ダイエットを同じ考え方をする

ではどういう考え方をしていけばいいかというと、
お金とのつき合いかたは、ダイエットの考え方と同じように考えてください。

成功するダイエットはどういうものだったか?
考えてみてください。

自分の食生活、運動の習慣を見直していって、
筋肉質な体、生活習慣病になりにくい体を、そもそも作っていかなければなりません。
でないと体脂肪率をおとすことはできないと思います。

お金も同じように自分の気づかないところで
習慣になっていた悪い癖を一度全部見直してください。

そのお金の生活習慣病に陥っている部分を健全なお財布に変えていく。
そういった作業をしていただきたいんです。

では、ダイエットとかジョギングに共通することで
ちゃんと成功させるための3つのポイントを教えます。

1つ目に我慢しないでできるかどうか。
2つ目に継続できるかどうか。
1ヵ月続けたからやめていいかというとそうではありません。一生続けられるか。
そして、3つ目は長期目標をもってやってください
最低1年間で30万円貯めるとか、そういった短期目標ではなくて、
10年後にどのくらいになっていたいとか、30年後にどういうふうになっていたいとか、
長期目標を立てていただきたいということなんです。

成功の秘訣は仕組み作り

仕組み作りの1つ目ですが、
収入の2割を天引き預金して、収入の2割を定額自動送金しようとういう方法なんです。

具体的な金額に落とし込んでお話をしていきたいと思います。

収入の2割を天引き預金

例えば、
月収手取りで20万円。2割という金額は4万円。

4万円を天引き預金。お給料をもらうと同時に、
お給料としてもらえなかったお金として考えて、自分の手の届かないところにおいやってしまうということなんです。

「天引き預金」ですので、お給料から天引きしてこの4万円を毎月貯金としてシステム化する、
仕組み化していうということです。

なぜ手取りの2割か?
この金額を5年間続けると、4万円を5年間貯め続けると240万円という金額になります。

これは何かというと、手取り収入20万円の人の年収にあたります。

5年で年収分の貯金に成功

手取り収入の2割の金額を5年間貯め続けtることで、年収が貯まるという計算になります。
ここがつまりお財布の筋肉になるのです。

チャンスがきたときに、チャンスと気づける知識を養うこと。
チャンスが来たときにチャンスをつかむことができる元手がなかったらチャンスが通り過ぎていきます。

そのときにパッと動ける筋肉があるかどうか、これがとても大切なんです。
1つは自分の中でお財布の筋肉を作っていくことです。

収入の2割を定額自動送金する

もう1つ。収入の2割を定額自動送金しましょう。これに関してもお給料が入る口座から別の口座に移します。
お給料が入る口座とは別の口座に移したら、このお金は使い切ります。

一方は貯めるお金ですが一方は使いきるわけです。
こんなふうに分けてください。この使い切るお金、何のために使うかというと、投資してください。

何に投資をするかが大切なんですけど、

世界で一番リターンの高い投資が1つだけあります。

リーマンショックがきても3.11のような大きな出来事があっても、命を失くさない限り返ってきます。
そういう投資が1つだけ存在します。

何かというと自分に投資をしてあげることです。
自己投資と言います。

実は私たちは、今まで自己投資と気づかぬうちに無意識のうちに自然とやってきてるものがあります。

あなたは、高校や大学に行きましたか?
義務教育は中学までです。
高校や専門学校や大学の授業料が発生します。
もちろん、ほとんどの方は親に出してもらっていることが多いでしょう。

大学なんて特に私立理系なんか行くと4年間で1千万とかかかります。
それなのになぜお金を払ってまで学校に進んだかというと、やはり専門的な知識、スキルを身につけるためです。

それってつまり将来的に手取りのお給料に関係してくるから自己投資になるんです。
これによって学力という武器をつけて専門的な知識を磨いて自分の能力を高めていきます。

しかしながら、多く人は
学校を卒業した後は勉強を止めてしまっています。
実は勉強、自己投資を続けた人ほど、自分で収入を上がっている傾向があります。

おそらくあなたの会社でも資格給とか能力給とかあると思うんですね。

電気工事士という資格を持っていてそれが直接本業で関係がなくても、
春休みとかになるとエアコンの取り付けの依頼とかが入って来たりするので、
そういったところにいくと、1台の取り付けで1万円とかっていうお小遣いを稼いできますし、
自分の家のエアコンの取り付けとかは工事費いらないでできます。
電気関係の会社に所属していれば能力給としてプラスアルファの給料がもらえます。

どんなものに自己投資するのかが大事

自己投資をして自分のスキル、技術を磨いていく。
どういったスキル、技術を身につけることで自分のお給料になるかということを調べていただいて、
どんなことをやろうかなって考えていただくのも楽しいと思います。

1番初めの簡単な自己投資としては、本を読むという方法があります。

それも初心者、初級のかたにはいいと思いますが、
中級とかある程度知識がついてきたレベルが上がってきたかたは
本を読むだけではそれ以上の知識はつかないと思います。

収入20万円の方でしたら4万円を使って
どんなふうに割り振ってお金を自己投資に使って行くかというのを考えてみると楽しいと思います。

貯金部分に関しては自分のお財布の筋肉
自己投資に関しては自分の脳みそに筋肉

をつけていくというようなイメージを持ってこの仕組みを作っていただきたいなと思っています。

2割2割がキツイ人は…

今、2割2割という話をしましたが、
例えば今まで収入20万円の人で、あればあるだけ使ってしまう生活をしていたかた、
いきなり2割2割を貯金と自己投資に回してくださいと言われても生活が行き詰まっちゃうと思います。

行き詰まってしまっては意味がありません。
続けなければ意味がないのです。

なので2割2割というのは目標値として定めていただきたいところですので、
1割1割で始めていただいてもいいですし、5%5%で設定をしていただいてもいいです。
とにかく仕組みを作って続けるということが大切ですので、
仕組み作りから始めていただければと思います。

セミナーでは僕が書ききれなかったことまで話してくれます

 

結構具体的に書きましたが実はセミナーの内容はこれだけでは無く
ここには書けない、超実践型の内容も教えてくれます。

もちろん、無料のセミナーなのでお金はかかりません。
是非とも、良いセミナーなので参加してみて有意義な時間を過ごしてみてください。

セミナー参加の詳細などはこちらから見ることができます。

セミナーの詳細はこちらから