物件価格意外にも諸経費が1割り程度

中古マンションを購入する場合、物件そのものの価格の他に、さまざまな費用がかかります。

・不動産会社に仲介してもらった時の仲介手数料
「物件価格の3%+6万」が上限です。ほぼ100%上限の契約になりますが…
3000万円のマンションであれば約104万円が発生します。(消費税も発生)

・ローンの手続きや火災保険、団体信用生命保険(銀行にとっては無料)などの費用で
数十万円発生

・ローンで購入、キャッシュで購入関係なく、登記にかかる手続き、購入後の払う不動産取得税などにも
数十万円かかります。

・入居時の引っ越し費用や家具などのお金

それらの諸経費を合計するとだいたい物件価格の1割り程度と言われております。
ただ、僕は結構これは高めの数字であって、厳密には0.8割前後で収まると思います。
僕は全部で諸経費200万ぐらいですみましたね。

リフォーム費用も住宅ローンの対象になります

リフォームって昔は住宅ローンに組み込むことはできませんでした。
やはり、住宅ローンとは住む場所のためのローンであって、修繕をするものではないという考えがあったので。

しかしながら、最近の国のバックアップの影響でリフォームも
住宅ローンに含まれるという見解をするようになりました。

これによって銀行でもリフォームの資金も住宅ローンに入れることができる銀行もできてきました。
これによってより中古マンション市場が活気づく後押しにもなりました。

ただ、一点注意点があります。
それは金利が高くなることです。
リフォームは別物という扱いになるのでその分、金利が0.1ないし0.2%上がるという契約になることがほとんどです。

0.1%って少ないと数字かと思いますが、借りる金額が数千万円になるので
最終的な金利としては結構大きいな金額の支払いの差ができます。

場合によってはリフォーム代金だけ親に借りるなどの方が金利をあげなくて済むので
良いかと思います。

その辺も月額の返済金額をしっかりとシュミレートして無理のない状態で行いましょう。

中古マンションにかかる諸経費一覧

中古マンションを取得した時

印紙税 売買契約にかかる税金
登録免許税 所有権移転登記(土地や建物が自分のものであることを登録する)のときにかかる税金
登記手数料
(司法書士への報酬込み)
所有権移転手続き時に司法書士に頼む時に払う
不動産取得税 築年数などに軽減処置あり(ほとんど0円のケースが多い)
仲介手数料 物件価格の3%+6万 + 消費税
修繕積立金 管理費や固定資産税を日割りで支払うほか、未払いの修繕積立費などがあれもそれも払う必要がある

ローンを借りた時

事務手数料 公的ローンや民間ローンを借りるときに必要
印紙税 ローン契約書にかかる税金
登録免許税 ローンの抵当権設定登記にかかる税金
登記手数料
(司法書士への報酬込み
ローンの抵当権設定登記手続きを司法書士に頼むときに払う
ローン保証料 ローンの支払いを保障してもらうため、保証会社に払う
団体信用生命保険 ローン契約者に万が一のことがあったときの保険

 

その他の費用

・引越し代
・新居へ合わせた家電製品
・リフォーム代
・リフォームしている間の仮住まい

最後の仮住まいですが、ほとんどの方が現状住んでいる賃貸の可能性があるのでそのままということになります。
ただ、その場合だと、住宅ローンの返済がいつからをきちんと把握しましょう。

リフォームの工期に依存されますが、
場合によっては住宅ローンと賃貸の家賃をダブルで支払う期間が生じる場合があります。

その場合、かなりキツイ時期になりますので、そこもきちんと貯蓄しておき
計画をしっかり立てましょう。

以上、…..中古マンションの購入に必要な資金ってどのくらい?でした。